私たちは母の「住育」に 育てられました。母は、とてもパワフルです。 泣いたり怒ったりしながら、 毎日を過ごしています。 パワフルだからこそ、 人との衝突も少なくありません。 時には、そんな母に うんざりすることもありました。 それでも、 私たちは母の「住育」に育てられました。 私は3人兄弟です。  長女の私は、美術系の大学を卒業後、 母の会社に入社。 イタリアへ留学し、日本の家庭とは違う 「暮らしの楽しみ方」を学び肌で感じたり、 北欧やニューヨーク、 世界中の「住まい」を見て回ったり、 「住まい」とそこに住む人の心の関係を 深掘りしながら、 「住育の家」のみならず、 「住育」や「住育コミュニケーション」を 多くの専門家や大学の先生方にも ご協力いただき体系化し、今に至ります。 弟は、不動産業界で長年働いています。 妹は、一級建築士として独立し 「住育の家」を設計しています。 母と同じように、「住育の家」に住み、 夫と2歳の息子とで 住みながらのオープンハウスをしています。