毎日ゴハンをつくっていても

うちのダンナは

「おいしいよ」って言ってくれない。

つくり甲斐もない。

なんで、おいしいって言ってくれへんの?

「おいしいよ」と言わない夫はおいしいと思っている

これは、よく聞くお母さんたちの心の声ですね。

うちもそうです。

「おいしいよ」という夫の言葉、なかなか聞けないですよね。

一生懸命作ったんだから、言ってくれれば、私はもっと張りきるのに。

たった一言なんですけどね。それはとっても難しい。

でも、どこの夫婦に聞いてもだいたい同じ。

世の中の多くの夫は、わざわざ「おいしいよ」とは言いません。

妻が、その言葉を求めていることも分かっていません。

おいしくないから言わないんじゃなくて、おいしいから何も言わないんです。

言ってくれるのは「からい」とか「醤油がほしい」とか注文ばっかり。

そのうちに料理を作る気もなくなってしまいそう。

夫の「おいしい」が聞きたいなら

「おいしいよって言ってね」

「私は、おいしいって伝えてほしい」

そう伝えることが大切だと思います。

私の夫もそう。言わない。

だから、私は「おいしい」とって言ってほしいから自分で聞きます。

「おいしい?」

「今日はおいしい?」

「これはおいしい?」

「これはどう?」

毎日聞きすぎて、いつの間にか

おいしいものは「おいしい」と言ってくれるようになりました。

 

メルマガ登録はこちら

「大丈夫だよ お母さん」応援メルマガ
ニックネーム
メールアドレス