明日は雛祭りですね。
何か準備はされましたか?(*^_^*)

なんかねー 忙しい時期に限って
色々とイベントがあるんですよね。
思いません?

こちらの気分が落ち着いていたら
楽しく感じるイベントも、

お仕事と家事とか
子どもの学校行事とか
色々なことに追われてると
なかなかそうはいきませんよね。

SNSで、
立派なお雛様のスイーツや
ちらし寿司を上手に作ってる人とか
いたら、焦りません?

ひゃー、、、この人たちどうしてんの?
時間どうやって作ってんの?
って。

好きなことでも
苦痛になりますよね。

そんなあなたでも
大丈夫です。

あのね、、、
頑張らなくていいんです。
充分あなたは頑張ってるんですから(^^♪

今日は 雛祭りイベントを
大人も子どもも楽しむ方法
お伝えします。

その方法とは、ズバリ
「自分で作らせる」

もう、それにつきますよね。
お母さんは、ただ微笑んでたらいいんです。

どんな変なの作っても、笑ってたら、
子どもも大人も楽しくなりますし、
私自身もハッピーになります。

***********************

この写真は、
現在17歳の娘が3歳の時ですから
早14年前のです。

3歳の娘の”楽しい”が
全身にあらわれてますよね。
踊りながら作ってましたよ。

「楽しい」というスイッチが入ったら
どんどんしたがりますし、
お料理も興味持つし、日々進化成長します。

***************************

雛祭りのテーマは
お内裏様とお雛様を作ろう!です。

こんな小さな時期には、
失敗しても大丈夫な食材だけ。

買い物も行けないほど忙しくて
家にある材料だけ。

寿司飯も、
この時は、ご飯だったかもしれません。

小学4年の息子に卵焼いてもらって
シーチキンとマヨネーズ混ぜておいて。

あとは
ふりかけ

ごま昆布
鮭フレーク
うずら卵
梅干し
きゅうり

忙しかったらね、
これだけでいいんです。


3歳の娘は
「おててについちゃった~」と
食べながら・・・

ほとんど、食べてる感じでしたが。

7歳上のお兄ちゃん
息子は、もくもくと
楽しんで作ってくれました。

出来上がりは
こんな感じです。

おにぎりに、
いろんなのがくっついてる感じですね。

うずらの卵に
爪楊枝をさして
海苔で顔を作りました。

金色の折り紙をバックに置いたら
金屏風に見えて、どんなへんてこりんでも
お内裏様とお雛様の完成です。

右が、息子作。
ちゃんとお内裏様とお雛様になっていますね。
3歳児は、お雛様だけですが・・・。

なんでも楽しむ

おうちの中心、
お母さんが笑ってると
子どもも笑うしお父さんも笑う

失敗も楽しいことに
変わるような気がします。

^^^^^^^^


これはね。
去年、娘が作ってくれました。

私が手抜きしてても、イベントを意識して
楽しむということをしていたら、
進化するんです。

去年の写真を見て、次は
どうしようか、こうしようかと
考えていくのです。

寿司飯を作って
小さく握って海苔を巻いて

その上に
いろんなものを乗せるだけ

美味しかったですよ。


中高生になったらこんな感じ

イチゴを周りに置いて
ちらし寿司です。

サーモンや
ハムをバラのように
デザインしても写真映えしますよね?

イベントを楽しむコツ
ポイントは
気楽に、楽しく♪

変なのができても
怒らない(*^_^*)

寿司飯と
具だけ用意して

手巻き寿司を
自分たちで作りながら
食べてもらうのもいいですね。

イベントは、お母さんが
しんどい日じゃなくて楽する日にと考えて
楽しんでくださいね。

明日は、笑顔いっぱいの
お雛祭りになりますように・・・

今日は、「夢マップ」に何を追加されますか?

****************************************

YouTubeで「友見のデイリー音声」
配信しています。
↓  ↓
チャンネル登録はこちらです

****************************************

私とダイレクトに繋がれるLINE
ご登録まだの方は、是非ご登録くださいね。

↓   ↓

友だち追加